Navigation
2017-09-22

10月に来日決定!デビュー20周年、ネオ・ソウルの女王Erykah Badu(エリカ・バドゥ)


ワールドツアーの一環で東京と大阪での来日公演が決定している。

Surce by.iflyer

アメリカ・ダラス出身、HIPHOPやR&Bにジャズを融合させたスタイル(ネオ・ソウル)で知られているErykah Badu(エリカ・バドゥ)。1997年にデビューアルバム『バドゥイズム』を発表、全米で300万枚以上を売り上げた。1997年度グラミーアワードでは「ベスト・R&Bアルバム」を受賞、さらにシングル「On&On」は「ベスト・フィメールR&Bヴォーカル・パフォーマンス」も受賞し、新世代のR&Bリーダーとしての地位を確立した。

カリスマ的存在を誇るErykah Baduが5月より行なっているワールドツアー”Badu vs. Everythang Tour”の一環として日本への来日が決定。

3年ぶりとなる来日公演では、10月1日(日)、3日(火)、6日(金)、12日(木)に六本木・Billboard Live TOKYO、そして10月9日(月・祝)と10日(火)に梅田・Billboard Live OSAKAにて単独公演を行なう。また10月7日(土)、10月8日(日) の2日間に豊洲で開催されるSOUL CAMP 2017の第1弾出演アーティストとして発表されている。(Erykah Baduは10月7日(土)に出演)

またErykah Baduは去年あたりからSoundcloud上でも個人で曲をリリースしており、現在話題の次世代R&Bシンガーの曲をリミックスなども精力的に行っている。自分のスタイルを保ちつつ、時代が進む中で生まれる新しいサウンドも取り入れるなどレジェンドでありながら常に音楽に向き合っているスタイルが多くの人々に支持されている。PARTYNEXTDOORの「Come and See Me」をデュエットリミックス、Kanye Westの「Real Friends」のインストを使って彼女なりのリリックを綴った「TRILL FRIENDS」こちらもチェックしてみて。