Navigation
2018-08-09
Home / NEWS/CULTURE / SEEDA vs 晋平太のバトルがやばすぎっ!

SEEDA vs 晋平太のバトルがやばすぎっ!

戦極MCBATTLE

Artist Profile

Seeda

東京都生まれ。小学校一年から中学一年までイギリス・ロンドンにて育ち。SHIDA名義で1stアルバム『デトネイター』(現在は廃盤)を19歳で発表。プロデュースはI-DeA。同アルバムよりレコードも出していた。2003年、ヒップホップグループSCARSに加入。また、B BOY PARK MC BATTLEにも参加した。

2006年 Bach Logic総合プロデュースの『花と雨』を発売。blastなどで絶賛され、話題を呼ぶ。2010年復帰後初のフルアルバム「BREATHE」を発売。i-Tunesアルバムチャート[洋/邦含む]総合最高2位、ヒップホップ / ラップチャート[洋/邦含む]では1位、オリコンインディーズ週間アルバムチャートで2位、オリコンデイリー総合チャート[洋/邦含む]においては最高13位を記録(8月26日付け)、オリコン週間総合チャート[洋/邦含む]は自身最高の22位を記録した(9月6日付け)。また、RollingStone紙[日本版]では最高の☆☆☆☆☆星の評価を受けた。

晋平太

東京都に生まれる。埼玉県狭山市で育つ。2004年、アルバム『SHOW ME LOVE』でデビュー。2016年7月よりLibra Recordsからドリーミュージックへレーベル移籍。

音源制作の傍らMCバトルの大会に数多く出場し、2005年にB-BOY PARK MC BATTLEで優勝。1度MCバトルから遠ざかるが、2009年にバトルに復帰。2010年から2011年、ULTIMATE MC BATTLEの全国大会では史上初の2連覇を成し遂げる。2012年大会では2回戦にて前回大会の決勝で下したNAIKA MCに敗れ3連覇はならなかったが、2013年からはULTIMATE MC BATTLEの総合司会者を務めている。B-BOY PARKとULTIMATE MC BATTLEの2階級制覇を果たしたのは晋平太が史上初である。その他、2012年の戦極MC BATTLEでは初代王者、2017年にはテレビ朝日系列のテレビ番組「フリースタイルダンジョン」にて史上初の全ステージクリアを達成するなど、数々の大会で名を残している。

 

 

0 Comment

    Leave a Comment

    メールアドレスが公開されることはありません。