Navigation
2018-08-10
Home / FASHION / スニーカーで投資!?

スニーカーで投資!?

もはやスニーカーは投資の対象?
─そんな新潮流を生み出したのが、 ”株”をヒントに考案された革新的なスニーカー転売サイト「ストックX」だ。

そのように語るのは「ストックX」生みの親・ジョシュ・ルーバーが、市場の最新事情を語った。

スニーカーの証券取引所

年々増大するスニーカー・マーケットに、株に通じる新たな価値体系を打ち立てたジョシュ・ルーバー。現在、「ストックX」の年間流通総額は4億ドルを超えるという。そんな世界のスニーカーの証券取引所において、今もっとも高額で取引されているスニーカーは、と訊ねた。

「ハイ・ブランドのスニーカーが高いという印象が強いのですが、じつは反対です。ナイキやアディダスのほうが、圧倒的に高値がつく傾向にあります。ナイキの『エア マックス』の限定モデルやアディダスのカニエ・ウェストのコラボモデル、『Yeezy』シリーズの多くは常時定価の倍以上で販売されます。また、オリジナルと同じ配色の『ジョーダン』も安定してプレミア価値がつきます」。

投資価値を帯びてきたスニーカー。2018年の注目株は?

「夏頃に登場するといわれている『Yeezy』の新モデルが今年の上半期の目玉です。また、毎年11月と12月のホリデーシーズンに新作を発売する『ジョーダン』も目が離せません。なんでも複数の有力スニーカーサイトによると、年末には『エア ジョーダン 11 コンコルド』が復刻されるという情報が。このモデルはマイケル・ジョーダンがNBAで活躍していた1995年に発売され、当時はもちろん、2000年と2011年に復刻された際にも絶大な人気を誇った世紀のプレミアモデルです。今回も相当入手困難になると思います」。Surce by,GQ

確かにここ数年でスニーカーのプレ値は登り続けている。冒頭にもあったようにカニエ・ウェストデザインのadidas Yeezy Boost 350v2(Black/Red)に関しては現在22万円。発売価格は3万程度なので約7倍の価格がついています。他に関しては10前後は当たり前、ハイブランドと変わらない扱いですね。。。

そうなると投資家もその業界に目を向けるしか無くなってきますよね。

実際、私自身スニーカー発売の抽選に外れた時にすぐオークションサイトを確認するとすぐさま出品されています。販売価格から20-30%くらい上乗せした価格が販売価格になっている。ただ偽物かどうかはしっかりと見極めが必要になってくることも事実、そこが一番怖い気がします。高いお金を支払い偽物を履いていると思うとゾッとしますよね。

「ストックX」では上記のような偽物鑑定もしっかり行っており,鑑定士が一足一足真贋を見極める徹底ぶりに安心。

「要は”売り切れるモデル”をいち早く察知すること。そのためには需要と供給のバランスがカギで、どんなセレブが履いたモデルであっても、生産数が多ければ、市場価値は決して上がりません。先ほど述べた『Yeezy』でも、あるモデルは、大量に生産されたため、定価より安く取引されているケースもあります」。

取引価格が倍以上になることもあれば、値崩れも十分ありうるシビアな世界。株や不動産と同様、ひと山当てるにはセンスが重要だ。SurceBy,GQ

このコメントからも株式市場となんら変わりないことがお分かりになられると思います。

先日ルイス・ヴィトンのデザイナーに就任したヴァージル・アブローがデザインしたスニーカーは発売からすでに10万超えの品物もあります。これからはクリエイティブディレクターとのコラボ商品も多くなり価格帯ももう少し上がりそう。オークションサイトではすでに偽物が横行している中でこのストックXは消費者の味方となる媒体となることは確かです。

興味のある方は是非「ストックX」チェックしてみては如何でしょうか?


JOSH LUBER
ストックX CEO
企業家やコンサルタントを経て、2016年に「匿名性」、「透明性」、「本物」をポリシーとしたスニーカー転売サイト「ストックX」を設立。スポンサーにはエミネムなど大物セレブがずらり。
https://stockx.com

0 Comment

    Leave a Comment

    メールアドレスが公開されることはありません。